OPERAで無料VPNを設定する方法

新しいOperaのブラウザーに搭載されているVPNで、無料でVPN接続することができるようになりました。ブラウザーをインストールするだけで難しい設定はないので、パソコンが苦手な人でも簡単に利用することができます。

そこで今回は、OPERAでVPNを設定する方法をご紹介します。

スマホでVPNを使用したい場合はVPNアプリを利用するのがオススメです。

海外からVPN接続したり、逆にVPN接続して海外限定のものを見たりしたいけど、パソコンを持っていなかったり、単純にVPNをスマホで使いたいという人もいると思います。 そこで今

OPERAでVPNの設定の仕方

VPN設定ができるのは、OPERAのデスクトップブラウザ版が必要になります。インストールされていない場合は、下記リンクからダウンロードしてインストールしてください。

ステップ1、Operaブラウザーをダウンロードします。
ダウンロードはこちらから→ブラウザのダウンロード | Opera
ステップ2、Operaブラウザーをインストールします。

ステップ3、右上の歯車のマークをクリックし、一番下の「Go to browser settings」でブラウザーセッティング

ステップ4、サイドバーにある「Privacy & security」から、VPNの項目にチェックを入れる

ステップ5、VPN接続になったら、アドレスバーの横に「VPN」が表示されます。

VPN接続はアドレスバーのところで切り替えができるようになっています。

ロケーションはVirtual locationから選択。ロケーションを選択したら、下にVPN接続した現在のIPアドレスが表示されます。

接続できる国は

  1. ヨーロッパ
  2. アジア
  3. アメリカ大陸

の3つのみです。

以前は国別で選択できたのですが、現在は地域別にしか選択できないようです。
海外で日本のIPを利用したいなどという際には、残念ながら使用することができません。

当然ですが、VPN接続で匿名接続がされるのはOperaブラウザーを利用している時だけです。
Google ChromeやInternet Exprolerなど他のブラウザーを使用した際には、VPN接続とならずに通常接続となることに注意しましょう。

また、Operaの製作会社はノルウェーの会社ですが、昨年2016年に中国の会社に買収されたとのことで、利用リスクはゼロではないようです。
参考:Operaが中国に買収されたため、日本人が離れる

個人的には、セキュリティを強化する為にVPN接続を利用するのに、セキュリティ面にリスクのある製品を利用することには抵抗がありますが・・・。

OperaのVPNを利用するならば、個人情報を入力するなどの重要なやりとりをしないような、地域限定のウェブページを閲覧する際などの利用でしたら、簡単にVPN接続が使用できるので良いかと思います。
ご利用はご自身で判断してご利用ください。

本格的にVPNを利用したい方は、有料VPNを利用することをオススメします。

海外に住んでいると、日本のサービスを利用したり動画を見たいという時があります。そんな時、海外からのアクセス制限がされているような場合だと、そのサービスを利用することができません。

アクセス元はどこになってる?

OperaのVPNに表示されていたIPアドレスを調べて、どこの国のIPで接続されているか確認してみました。

まずはヨーロッパ。

スウェーデン(Sweden)にあるサーバーでのアクセスIPになりました。またISP(プロバイダー)はOpera Software ASとなっているので、Operaブラウザーからのアクセスとわかるようになっています。

次はアジアです。

こちらはシンガポール(Singapore)のサーバーからのアクセスIPになりました。やはりISPはOpera Software ASとなっています。

最後にアメリカ(USA)です。

アメリカ合衆国のバージニア州のアッシュバーンと表示されました。こちらもISPはOpera Software ASです。

まとめ

OperaのアップデートでVPN接続で国が選べなくなってしまったのは残念です。

Operaのブラウザーは標準でVPN接続ができるようになったので画期的ですが、速度が遅かったりセキュリティー面で不安があったりするので、地域限定の動画やウェブページを閲覧するなどの軽い利用に留め、個人情報を入力するなどの重要なやりとりをしないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です