メールアドレスで送金&受取できるサービス2つを比較

送金(振込)をしたいけど「相手の名前とメールアドレスしかわからない」ということありますよね。実はメールアドレスと名前だけで送金ができるサービスがあります。

そこでメールアドレスのみで送金(振込)、お金の受け取りができるサービスを2つを比較しました。事業者でなら使用できるサービスもありますが、ここでは個人間でも利用できるサービスに絞りました。

日本国内だけでなく、海外送金もできるかどうかも含めてメリット&デメリットをまとめていますので参考にしてみてください。

楽天銀行(かんたん振込-メルマネ)

楽天銀行では「かんたん振込(メルマネ)」というメールアドレスと名前のみで振込ができるサービスがあります。

楽天銀行の口座からかんたん振込(メルマネ)を選択して手続きをするので、楽天銀行に口座がない場合は作成する必要があります。

振込人は、振込先の金融機関、支店番号、口座番号がわからなくても振り込めるというサービスです。メールアドレスと受取人の口座名義さえ分かれば、楽天銀行以外の銀行でもお金を受け取ることができます。

受取人が楽天銀行口座に登録しているメールアドレスに振り込んだ場合は、受取人の楽天銀行口座に即時入金され、さらに手数料も無料です。

またお祝いなどのメッセージを添えることができます。文字数は最大全角500文字。

送金に必要なもの

  • メールアドレス
  • 口座名義(カナ)

振込手数料

  • 個人:165円(税込)
    ※受取人が楽天銀行口座に登録しているメールアドレスへの送金は無料
  • 法人・個人事業主:216円(税込)
    ※受取人が楽天銀行口座に登録しているメールアドレスへの送金は108円

振込限度額

30万/1回あたり

送金方法

楽天銀行の自分の口座へログインし、「振込・支払」→「かんたん振込(メルマネ)」から振込ができます。

送金されるお金は口座内のお金になります。

受取方法

指定した銀行口座に入金される。
受取人は入金の手続きが必要。

送金期間

受取人が楽天銀行口座を持っていて登録しているメールアドレスに振り込まれた場合、楽天銀行口座に即時に入金。
楽天銀行口座を開設して受け取る場合は、口座開設完了後に開設した口座に振り込まれる。
他行口座で受け取る場合は、受取手続き後即日入金(振込予定時間を参考)

メリット

  • 受取人は自分で受け取る口座を選べて、口座情報を教える必要がないので安心。
  • メッセージを一緒に送ることができる。
  • 手数料が安い。
  • スマホアプリで完結。
  • 楽天銀行同士なら即入金&手数料無料

デメリット

  • 受け取る側は受け取る手続きをしないといけない。
  • 海外送金はできない。
  • 楽天銀行口座を持っていて、登録しているメールアドレスに振り込んだ場合、自動的に楽天銀行口座に送金されてしまい選ぶことができない。

こんな人にオススメ

  • 手数料を抑えたい
  • 送金をしたい相手の名前とメールアドレスのみわかる場合
  • メッセージを添えて送金をしたい

メールアドレスと口座名のみでの送金ということで、安全性を気にする人は多いでしょうが、送金元が銀行ということで、受け取る側からの信用は高くなりそうです。

またメールアドレスと口座名だけで振込ができる簡単性に加え、手数料が安いこともポイントです。

ただし、海外送金は対応していないので、送金は日本国内のみになります。

PayPal(ペイパル)

PayPalは世界最大級のオンライン決済サービスで、日本のECサイトにも使われていてなじみが深いサービスです。多くの人が知っている名前なので安心感があります。

メールアドレスまたは携帯電話番号を持っている相手に支払うことができ、送金されたお金は相手のメールアドレスに紐づけられたPayPalのアカウントに入金されます。お金を受け取った人がPayPalのアカウントがない場合は作成する(無料)必要があります。

PayPalのアカウント内からお金を引き出すには無料でアップグレードでいるビジネスアカウントが必要です。

送金に必要なもの

メールアドレス または 携帯電話番号

送金手数料

  • 日本円、日本のアカウント間でのやり取りの場合、送金手数料は無料
  • 海外送金の場合、100万円まで/1回あたり:499円

銀行への引き出し手数料

PayPalで受け取ったお金はPayPalの残高に入金されるため、銀行にお金を移動したい場合には引き出し手続きをしないといけません。銀行への引き出しには手数料がかかります。

  • 5万円以上/1回あたり:無料
  • 5万円未満/1回あたり:250円

振込限度額

  • 100万円/1回あたり(ビジネスアカウントへ送金する場合)
  • 10万円/1回あたり(パーソナルアカウントへ送金する場合)

送金方法

アプリもしくはブラウザからログインし、「支払い」→送金先のメールアドレスを入力→送金金額を入力→支払いタイプで「個人間の支払い」を選択。

詳しくはこちら:ペイパルの使い方(支払い・送金方法)|個人向け-PayPal(ペイパル)

送金するお金はPayPalアカウント内の残高、もしくは銀行口座振替、デビットカード、クレジットカードが使えます。個人間の支払いにはデビットカードやクレジットカードが使えないので、PayPal残高または銀行口座のみになります。

受取方法

PayPalアカウントに入金される。
銀行口座に資金を移動する場合は引き出し手続きが必要。

送金期間

PayPalアカウントに即日入金。
ただし、お金を銀行に引き出す場合は引き出し手続きに3~6営業日かかる。

メリット

  • メールアドレスのみで世界中どこでも海外送金が可能。
  • 日本円、日本のアカウント間でのやり取りの場合、送金手数料は無料、受け取りも無料。
  • 支払いを請求したり自動支払いなどビジネスレベルで使える機能が豊富。
  • スマホアプリで完結。

デメリット

  • 受け取る人にもPayPalアカウントが必要になる。
  • 銀行への引き出し手続き&手数料がかかる。
  • 為替レートが悪く換算手数料も高い。

こんな人にオススメ

  • PayPalアカウントを持っている人
  • 日本のアカウントに日本円を送金する場合
  • スモールビジネスの支払い
  • 海外への送金

PayPalアカウントを持っている人で、日本のアカウント同士で日本円を送金するだけなら手数料が無料なのでお得です。銀行への引き出しも5万円以上なら無料ですので、手続きに時間はかかりますが完全無料で送金することができます

ただし、海外送金の場合は手数料に加え、為替手数料がかかってきます。PayPalはこの為替手数料が高いです。送金側が負担する場合、3.5〜4%、受け取り側が負担する場合でも2.5%もかかります。これは金額が大きくなれば大きくなるほど、手数料としてはかなり大きい金額になってしまいます。

しかし、PayPalは多くの人が知っているサービスなので、アカウントを持っているユーザーも日本のみならず世界中で多くいる為、為替手数料が高い部分を差し引いても得られる安心感と使い勝手があります。

PayPalの利点は、何と言ってもメールアドレスのみで世界中どこでも、その国に銀行口座がなくても送金が可能な点です。送金方法の一つの手段として選択肢に入れておいても良いでしょう。

送金や引き出しをするためには無料でできるビジネスアカウントにアップグレードしないといけないのですが、ビジネスアカウントでは送金後のメールの送信など、ビジネスレベルで使用できる機能が豊富です。

多くのビジネスの支払いにも使われているので、スモールビジネスや海外への支払いなどにもオススメです。

こんな時に使える

送金するにあたって銀行口座を聞かなくて良いので、多くの顧客と付き合いのある企業の支払いなどに有効的に活用できます。実際に下記のような内容で企業でも利用されています。

  • 商品の返金
  • チケットなどの払い戻し
  • アフィリエイトの売り上げ金振込
  • フリマ・オークションの売り上げ金振込
  • キャッシュバック・ポイント換金
  • フリーランスへの単発の仕事の支払い
  • 謝礼金・祝い金
  • 寄付

手数料が無料・もしくは格安なので、個人間でのお金の送金にも活用できます。

まとめ

どちらもそれぞれの特徴があるので、用途によって使い分けると良いでしょう。

楽天銀行 PayPal
送金に必要なもの ・メールアドレス
・口座名義(カナ)
メールアドレス
または
携帯電話番号
送金手数料 ・個人:165円(税込)
※受取人が楽天銀行口座に登録しているメールアドレスへの送金は無料
・法人・個人事業主:216円(税込)
※受取人が楽天銀行口座に登録しているメールアドレスへの送金は108円
・日本円、日本のアカウント間でのやり取りの場合、送金手数料は無料
・海外送金の場合、100万円まで/1回あたり:499円
銀行へ引き出し手数料 なし ・5万円以上/1回あたり:無料
・5万円未満/1回あたり:250円
振込限度額 30万/1回あたり ・100万円/1回あたり
(ビジネスアカウントへ送金する場合)
・10万円/1回あたり
(パーソナルアカウントへ送金する場合)
送金方法 口座内のお金 PayPal残高、銀行口座振替、デビットカード、クレジットカード(個人間ではPayPal残高、銀行口座振替のみ)
受取方法 指定した銀行口座に入金される。
受取人は入金の手続きが必要。
PayPalアカウントに入金される。
(銀行口座に資金を移動する場合は引き出し手続きが必要。)
海外送金 ×
送金期間 即日入金(※1 PayPalアカウントに即日入金(※2
メッセージ付可 ×
詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です